徳島の空TOP >  徳島グルメ  >  阿波名物「滝の焼餅」フジグラン北島 和田乃屋さんで食べました

阿波名物「滝の焼餅」フジグラン北島 和田乃屋さんで食べました

徳島県板野郡北島町のフジグラン北島に出店している和田乃屋さん。



阿波名物「滝の焼餅」




滝の焼餅が有名なお店で、焼き餅単品もあるようですが、

セットがおすすめのようで、お店の前に、このようにアピールされていました。

和田乃屋





私は、阿波名物「滝の焼餅」と抹茶のセットをいただきました。

焼き餅が3つ入りで650円(5つ入りは750円)。

抹茶の苦さと焼き餅の甘さがぴったりの相性で、とても美味しかったです。


焼き餅はふつうの焼き餅、よもぎ、黒ゴマの3種類。

個人的には、ふつうの焼き餅で充分だと思いますが

家人は、よもぎ入りが気に入ったようでした。


黒ごま入りは新製品だそうで、大きなポスターが貼られていましたが、

焼き餅本来のふんわりしたやさしい風味が味わえない気がします。


阿波名物「滝の焼餅」02


滝の焼餅(たきのやきもち)は、徳島県徳島市のお菓子です。

天正13年に蜂須賀公が阿波25万石の国主として徳島城を築いた

お祝いに献上され、藩主の御用菓子とされたそうです。
 

菊の模様(焼印)を押して平らに焼いた、あん入りのお菓子で

ほんのり香ばしく、あんは程よい甘さで、後味が良く、舌触りはざらっとしています。


生地は、餅米の粉を錦竜水で煉ってつくられています。

寺町には「よねや」さんと「和田乃屋本店」さんがあり

どちらも実演販売しています。
 

家では毎年桜の季節になると、よねやさんの桟敷でお花見しながら

焼き餅を食べ、阿波番茶をいただくのが年中行事の一つになっています。


※なぜ、よねやさんのほうをひいきにするのかというと、和田乃屋さんのように

 ホームページもないし、店舗展開もしていなくて、駐車場もないので、

 お客さんも少ない気がして・・・失礼ながら判官びいきです。

 値段はよねやさんが半額に近いほど安い。その分一つの大きさが小さいです。

 よねやさんのほうが素朴な感じで和田乃屋さんのほうがふっくらしています。




連れは特製ぜんざい600円を注文。

たっぷりの小豆と軽く焼いたお持ちの入った贅沢なぜんざいです。


ぜんざい

こちらもとても美味しかったそうです。



和田乃屋さんのあるフジグラン北島は

板野郡北島町鯛浜字西ノ須174

電話:088-698-9007


大きな地図で見る




コメント(0) | この記事をYahoo!ブックマークに登録 この記事をはてなブックマークに追加 はてなブックマーク数 この記事をdeliciousにブックマーク この記事をクリップ! クリップ数

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)





スポンサードリンク

メニュー