徳島の空TOP >  徳島のアート  >  徳島野外彫刻展2013鷲の門広場

徳島野外彫刻展2013鷲の門広場

徳島駅近くの徳島中央公園(徳島城公園)に行ってきました。

公園内では 「野外彫刻展」が11月29日まで開催中。


徳島野外彫刻展



最初の作品は、鷲の門を入ってすぐ右手にありました。


徳島野外彫刻展

松永勉さんの『風と光の風景』という作品。

風に吹かれてくるくる回っていました。




徳島野外彫刻展




アキホ・タタさんの『Fantasia・見・言・聞』。

望遠鏡のようですね。


徳島野外彫刻展


徳島野外彫刻展



濱口恵さんの『滞船』。

徳島野外彫刻展




岡田直利さんの『阿波の薫風Ⅷ』。

いちばん高さのある作品かな。

徳島野外彫刻展




続いて、鷲の門の広場の一番奥にあったのが

松島秀樹さんの『作品"F"』。

徳島野外彫刻展




鷲の門の広場に架かる下乗橋のそばにあったのが

成田浩彰さんの『ソノ先ニ何ヲ見ル』。

ハリーポッターに出てくるディメンターのようですが

顔を覗いてみると・・・・何もないのです。

怖かった・・・

徳島野外彫刻展




鷲の門の広場、最後の作品は、

居上真人さんの『入れてよ僕も十二支に』。


徳島野外彫刻展



以上が鷲の門広場の彫刻でした。



コメント(0) | この記事をYahoo!ブックマークに登録 この記事をはてなブックマークに追加 はてなブックマーク数 この記事をdeliciousにブックマーク この記事をクリップ! クリップ数

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)





スポンサードリンク

スポンサードリンク

メニュー

サイト内検索